ここは、LIFE LIKE "rie"というサークルで活動されていた深川美流さん、もしくは栗原蛍さんの追悼本製作ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

putita1.jpg

先ほど入稿が完了したと、編集長wの小杉あやさんからメールがありました。
も、もうどきどきです。
どんな風に出来上がってくるのか。
原稿はどんな物があるのか分かっているのですが、やはり本という形になるとまた違う。
今まで細々と同人誌を作って来ましたが、「未完成(仮)」は、また思い入れが違う1冊になりそうです。


2004年8月発行「プチター Vol.0」

白倉由美さんの同人誌という事になるのかな。
私も大好きです、白倉さん。
内容はマンガが2本と対談。
対談で、みみくまむむ☆さんが出ています。
スポンサーサイト

【2010/08/21 15:06】 | 情報。
トラックバック(0) |

実は……。
鈴道文理
いつだったか、コミティアで販売していた時のことでした。
どこかで見たお二人が……って、白倉先生と大塚先生でした。
全然気付かない彼女に、「白倉先生だよ」と小声で話したら、パニクってました。白倉先生が本を一冊ずつ手に取っている間もコチコチに固まってました……。
少し離れたところで、大塚先生は苦笑。
だって、「プチター」は太田出版から白倉先生が編集長で刊行予定だったけど、世に出なかった幻の雑誌のタイトルだったんで。
彼女が何とか話しかけて、同人誌を一冊ずつ進呈してました。
白倉先生はお礼を言って下さった後、大塚先生と他のサークルも見てらっしゃいました。

……僕が問題の「白倉由美全作品リスト」の作者、ってことは、本が渡さなかったものの、バレバレだったと思います……。
彼女に表紙のイラストを描いてもらったんで。


瀬川ゆま
レスが遅れてすみません。

そんな事があったんですか。
すごい、白倉さんが来たなんて。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
実は……。
いつだったか、コミティアで販売していた時のことでした。
どこかで見たお二人が……って、白倉先生と大塚先生でした。
全然気付かない彼女に、「白倉先生だよ」と小声で話したら、パニクってました。白倉先生が本を一冊ずつ手に取っている間もコチコチに固まってました……。
少し離れたところで、大塚先生は苦笑。
だって、「プチター」は太田出版から白倉先生が編集長で刊行予定だったけど、世に出なかった幻の雑誌のタイトルだったんで。
彼女が何とか話しかけて、同人誌を一冊ずつ進呈してました。
白倉先生はお礼を言って下さった後、大塚先生と他のサークルも見てらっしゃいました。

……僕が問題の「白倉由美全作品リスト」の作者、ってことは、本が渡さなかったものの、バレバレだったと思います……。
彼女に表紙のイラストを描いてもらったんで。
2010/08/23(Mon) 21:59 | URL  | 鈴道文理 #-[ 編集]
レスが遅れてすみません。

そんな事があったんですか。
すごい、白倉さんが来たなんて。
2010/08/28(Sat) 15:49 | URL  | 瀬川ゆま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。