ここは、LIFE LIKE "rie"というサークルで活動されていた深川美流さん、もしくは栗原蛍さんの追悼本製作ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mikanseihyo1.jpg
mikanseinaka.jpg

2007年8月発行「未完成 ―パーフェクトスタイル」

全170ページにも及ぶ、とても長い作品です。
佐和子と十和子という二人の少女のすれ違う想いが、淡々と綴られています。
読んだ後、何とも言えない悲しさと、河合砂緒という人の表現力のすごさに驚きました。
中身の絵柄がかなり変わっています。
長い年月に渡って描き続けてきたのだと言う事が分かります。
この作品についての思いを、砂緒さんの口から聞けなかったのが残念でなりません。



スポンサーサイト

【2010/08/18 22:14】 | 作品
トラックバック(0) |

僕が語れること。
鈴道文理
あとがきに書かれた「これで、この話は、おしまいです。」の一言が、この作品に対しての彼女の「思い」だと、僕は考えています。

この作品は、本編が

*コピー誌
*同人誌3冊(確か)
*総集編(最初で最後のカラーカバー付きの同人誌)

という形で出ており、アフターストーリーとして

*眠りのあとに訪れるもの

を出しています。
総集編と「眠りのあとに~」を収録したものが、この「未完成 パーフェクトスタイル」です。
彼女の同人誌は十数年前から読んでいますが、僕にとって、彼女が遺した最高の作品です。

今はまだ語れませんが(相当長い話になるので)、彼女がかつてこの作品について話していたことを語れれば、と考えております。

無題
瀬川ゆま
どうぞいつか、砂緒さんにかわって、砂緒さんのの思いを語ってください。
心待ちにしております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
僕が語れること。
あとがきに書かれた「これで、この話は、おしまいです。」の一言が、この作品に対しての彼女の「思い」だと、僕は考えています。

この作品は、本編が

*コピー誌
*同人誌3冊(確か)
*総集編(最初で最後のカラーカバー付きの同人誌)

という形で出ており、アフターストーリーとして

*眠りのあとに訪れるもの

を出しています。
総集編と「眠りのあとに~」を収録したものが、この「未完成 パーフェクトスタイル」です。
彼女の同人誌は十数年前から読んでいますが、僕にとって、彼女が遺した最高の作品です。

今はまだ語れませんが(相当長い話になるので)、彼女がかつてこの作品について話していたことを語れれば、と考えております。
2010/08/18(Wed) 23:17 | URL  | 鈴道文理 #lMBqkpAs[ 編集]
無題
どうぞいつか、砂緒さんにかわって、砂緒さんのの思いを語ってください。
心待ちにしております。
2010/08/19(Thu) 12:52 | URL  | 瀬川ゆま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。