ここは、LIFE LIKE "rie"というサークルで活動されていた深川美流さん、もしくは栗原蛍さんの追悼本製作ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dollhouse.jpg

2001年8月発行「DOLL HOUSE」

これはかわいいです。(これも、ですね)
「ちょびっツ」の本なんですけど、ちぃのモノローグで綴られています。
今日は時間が無くて、中身をお見せ出来ないのが残念です。
見せれるものなら、全部見せてしまいたいほどですが。



はい、ここから瀬川の一人舞台ですよ。
なんですか、ちょびっツ本の雰囲気とえらい違いますが。
まあいいじゃないですか、こなゆメンバーの中で一番騒がしいですよ。

コミケお疲れ様でしたーー!
誰にって訳じゃないんですが。
こなゆメンバーは、今回誰一人行ってないのであろうコミケ。
次は出たいよ、コミケ。←野望です。
暑かったですよね、きっと。
ここを見ている参加された方が、楽しい思いとともに無事お帰りになってる事を祈ります。

そして!
むむさんのスペースに行かれた方!挙手!!
行った?行った?
行った人はこっそり拍手をぽちっとして下さるとうれしいなあ・・・。
コメントくれるともっとうれしいなあ・・・。



暑さ寒さも彼岸まで、と言います。
これから過ごし易い気候になるといいですね。
残暑厳しいのは辛いわぁ。

すいっチョンと鳴く虫の音を聞きながら。


スポンサーサイト

【2010/08/15 22:30】 | 作品
トラックバック(0) |

本来、ここに書くべきことではないのですが。
鈴道“AirKing”文理
今回の追悼本について、「遺族の意向を受けた人たちが動いている」という、非常に無責任な日記がmixiに書き込まれていたので、改めて僕の考えを書いておきます。
追悼本を作成されたい、という、感謝すべきお申し出を受け、それにお応えすべく、原稿の貸し出しを行いました。
つまり、僕の意向を受けて、追悼本を作成することになった、というのは全くの誤りです。
また、「あんたには追悼本を買う義務がある」と同日記で書かれていましたが、僕が考えるに、それはその人に強要する義務ではなく、自由に選択できる権利であり、本人がそう思わない限り、義務ではありません。

ノブレス・オブリージュ。
今後真に届くべき方へ、追悼本が届かんことを。

コメントありがとうございます
瀬川ゆま
そんな事があったんですか?
私たちの広報不足ですね・・。
申し訳ありません。
鈴道さんのご理解には深く感謝しています。
こちらでも対応をとらせていただきます。

ありがとうございます。
野桜紗綾
きちんとした説明をしてくださって
ありがとうございます。
鈴道さんのご理解とご協力があってこそです。
感謝しています。

気持ちを伝えるのは難しいですね。
書かれた方も、たぶん、何か勘違いや
行き違いがあっただけと思います。
いずれご理解いただけることを願うばかりです。


小杉あや
「こなゆ」のこ、こと小杉あやです
遅ればせながら初コメントです。本は誠意制作中です。がんばってます!!
しかし依頼を受けて。。。って私たちがですか?
ミクシイの該当する日記は見ておりませんが、無責任なかき方はやめてほしいです。






瀬川ゆま
>小杉さん
初コメントありがとうございますw
うれしい。

私もこの件に関してはかなりびっくりしました。
不本意です。
会った事も話した事も無い方に、勝手に書かれちゃたまりませんね。




瀬川ゆま
野桜さん

こちらも初コメントw
おいでませです。

文章って難しいなと近頃よく思います。
やっぱりなんでも時間をかけないと、伝わらない部分があるんですよね・・・。

ありがとうございます。
鈴道文理
まとめてのレスになってしまい、申し訳ございません。

今回起きたことについて、日記で書かれていた方には、先に僕が書いた事と同じく、「僕の意向ではなく、皆さんの意志で追悼本を書かれている」旨はコメント致しました。

いずれ追悼本を僕が出さなければ、と考えていた矢先に、瀬川さんから、追悼本を作成されたいとのお話をお聞きし、原稿をお貸ししました。
多少なりとも、いずれ追悼本を出す予定、ということは日記に書いたとは思いますが、僕との合同誌であるとか、僕の意向であるとか、そういったことは一切書いておりません。

残念ながら、今のところ日記を書いた方からの返事はありません。
詳細は書きませんが、様々な事情から、この件に関しての責任は僕にあると考えております。
皆さん、特に広報担当の瀬川さんの広報不足や、誤解、ということではなく。

ノブレス・オブリージュ。
今後も皆さんが彼女の救世主たらんことを、切に願っています。

こちらこそ。
瀬川ゆま
鈴道さん
色んな誤解があったと思いますが、これで誤解も解けておさまればいいですね。
広報も間違いなく、誤解の無いようにするのは思った以上に難しいのだと痛感しました。
ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
本来、ここに書くべきことではないのですが。
今回の追悼本について、「遺族の意向を受けた人たちが動いている」という、非常に無責任な日記がmixiに書き込まれていたので、改めて僕の考えを書いておきます。
追悼本を作成されたい、という、感謝すべきお申し出を受け、それにお応えすべく、原稿の貸し出しを行いました。
つまり、僕の意向を受けて、追悼本を作成することになった、というのは全くの誤りです。
また、「あんたには追悼本を買う義務がある」と同日記で書かれていましたが、僕が考えるに、それはその人に強要する義務ではなく、自由に選択できる権利であり、本人がそう思わない限り、義務ではありません。

ノブレス・オブリージュ。
今後真に届くべき方へ、追悼本が届かんことを。
2010/08/16(Mon) 02:34 | URL  | 鈴道“AirKing”文理 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
そんな事があったんですか?
私たちの広報不足ですね・・。
申し訳ありません。
鈴道さんのご理解には深く感謝しています。
こちらでも対応をとらせていただきます。
2010/08/16(Mon) 05:54 | URL  | 瀬川ゆま #-[ 編集]
ありがとうございます。
きちんとした説明をしてくださって
ありがとうございます。
鈴道さんのご理解とご協力があってこそです。
感謝しています。

気持ちを伝えるのは難しいですね。
書かれた方も、たぶん、何か勘違いや
行き違いがあっただけと思います。
いずれご理解いただけることを願うばかりです。
2010/08/16(Mon) 10:35 | URL  | 野桜紗綾 #-[ 編集]
「こなゆ」のこ、こと小杉あやです
遅ればせながら初コメントです。本は誠意制作中です。がんばってます!!
しかし依頼を受けて。。。って私たちがですか?
ミクシイの該当する日記は見ておりませんが、無責任なかき方はやめてほしいです。



2010/08/16(Mon) 10:36 | URL  | 小杉あや #-[ 編集]
>小杉さん
初コメントありがとうございますw
うれしい。

私もこの件に関してはかなりびっくりしました。
不本意です。
会った事も話した事も無い方に、勝手に書かれちゃたまりませんね。

2010/08/16(Mon) 13:32 | URL  | 瀬川ゆま #-[ 編集]
野桜さん

こちらも初コメントw
おいでませです。

文章って難しいなと近頃よく思います。
やっぱりなんでも時間をかけないと、伝わらない部分があるんですよね・・・。
2010/08/16(Mon) 13:52 | URL  | 瀬川ゆま #-[ 編集]
ありがとうございます。
まとめてのレスになってしまい、申し訳ございません。

今回起きたことについて、日記で書かれていた方には、先に僕が書いた事と同じく、「僕の意向ではなく、皆さんの意志で追悼本を書かれている」旨はコメント致しました。

いずれ追悼本を僕が出さなければ、と考えていた矢先に、瀬川さんから、追悼本を作成されたいとのお話をお聞きし、原稿をお貸ししました。
多少なりとも、いずれ追悼本を出す予定、ということは日記に書いたとは思いますが、僕との合同誌であるとか、僕の意向であるとか、そういったことは一切書いておりません。

残念ながら、今のところ日記を書いた方からの返事はありません。
詳細は書きませんが、様々な事情から、この件に関しての責任は僕にあると考えております。
皆さん、特に広報担当の瀬川さんの広報不足や、誤解、ということではなく。

ノブレス・オブリージュ。
今後も皆さんが彼女の救世主たらんことを、切に願っています。
2010/08/18(Wed) 22:46 | URL  | 鈴道文理 #lMBqkpAs[ 編集]
こちらこそ。
鈴道さん
色んな誤解があったと思いますが、これで誤解も解けておさまればいいですね。
広報も間違いなく、誤解の無いようにするのは思った以上に難しいのだと痛感しました。
ありがとうございました。
2010/08/19(Thu) 12:49 | URL  | 瀬川ゆま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。